• Bitcoin(ビットコイン) (XBT) の先物取引とは??

    先物取引とは、将来の一定の時点における価格で買主がアセット(コモディティなど)を買う義務を負い、または売主が売る義務を負うものです。このケースではBitcoin(ビットコイン)がアセットになります。

    例えば、Bitcoin(ビットコイン)の現在の価格が1BTCあたり$8,200で、4週間後に$11,000ドルに値上がりすると予想する場合に、4週間後に$9,500ドルで購入できる契約はとても魅力的です。

    暗号資産先物取引の価格は、ベースとなる暗号資産の価格に比例して変化します。あなたがBitcoin(ビットコイン)の先物取引の交渉をしているとしましょう。価格が15%上昇した場合、Bitcoin(ビットコイン)の先物価格も15%上昇します。このため、Bitcoin(ビットコイン)の先物取引は直接取引に変わる取引になり得ます。これはEther、 XRP、Tezosなどの他の暗号資産の先物取引も同様です。さらに先物取引は(a)レバレッジのインテグレート(b)ロングやショートポジションのための柔軟性(c)低い取引手数料が用意されています。

    BaseFEXの先物取引:BaseFEXで現在扱っている先物取引は、bitcoin(ビットコイン) (BTC)のほか、4つの優れたアルトコインである、Ethereum(イーサリアム) (ETH)、 Ripple(リップル) (RRP)、 Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ) (BCH)、 Litecoin(ライトコイン) (LTC)、そしてさらにBinance coin(バイナンスコイン) (BNB)を取り扱っています。

    BaseFEXでお使いいただけるレバレッジは、BTCでは100x、それ以外では20xです。

    BTC決済だけでなく、USDT決済の無期限契約をご用意しています。弊社は現在世界で唯一USDT決済の無期限契約を提供している企業です。

    BTC (Bitcoin) 先物取引のやり方は?

    Bitcoin(ビットコイン)の先物取引では、Bitcoin(ビットコイン)を実際に扱うわけではないということをあらかじめご理解いただく必要があります。つまり先物契約がキャッシュの決済契約であるとすると、ビットコインも同様になります。他の先物と同様にBitcoin(ビットコイン)の将来の価格を予測するものですが、暗号資産自体を売買するわけではありません。

    オプション: コールとプット, ショートとロング、レバレッジ

    先物取引の交渉でXさんとYさんがいるとします。投機家のXさんはBitcoin(ビットコイン)の価格が3ヶ月以内に間違いなく$12,000になると考えています。先物取引で$10,000で購入することは良い取引です。Bitcoin(ビットコイン)を$10,000で買いたい人がいれば、誰にでもこの契約を得ることができます。特定の価格での先物のコールのオプションはコールオプションと呼ばれます。コールオプションの価格はベースのアセットが値上がりするとトレーダーが考える場合は値上がりします。

    これに対して投機家のYさんは、Bitcoin(ビットコイン)の価格が$8000まで下がると考えています。Bitcoin(ビットコイン)を$10,000で得ることができるオプションは、Yさんにとってとても魅力的な取引になります。こうしたプットのオプションのことをプットオプションと呼びます。プットオプションの価格はベースのアセットが値下がりするとトレーダーが考える場合は値上がりします。

    XさんとYさんのポジションは、それぞれロングとショートと呼ばれます。アセットの価格が上がると予想する場合はロングのポジションを持ち、下落すると予想する場合はショートのポジションを持ちます。

    「もしアセットの価格が上がると思うなら、どうしてアセット自体ではなくコールオプションを買うべきなんだろうか?」と疑問に思われるかもしれません。その理由はオプションのレバレッジ効果にあります。自己資金が少ない場合は、アセット自体を買うよりもオプションを購入する方がずっと利幅が大きくなります。ただし損失も大きくなります。実際に、ベースのアセットの価格が少し値動きした場合でも、デリバティブの価格にすぐに大きな値動きとして反映されます。例えば、Bitcoin(ビットコイン)の価格がUSD10,000からUSD11,000に値上がり(10%の値上がり)した場合、USD 10,000のコールオプションはその瞬間大きな利益を生むことになります。そのため、自己資金の100%をBitcoin(ビットコイン)に投資した場合、あなたの利益は10%ですが、Bitcoin(ビットコイン)の購入オプションに投資した場合、あなたの利益は1,000%になります。

    この図は単なる例です。実際のオプションの値動きは以下のような要因により変化します。

    ベースのアセットの価格

    • いわゆるオプション固有の価値。これはベースのアセット現在の価格からオプションの既定の価格の差額です(上の例では、USD11,000 - USD 10,000 = USD 1,000)。
    • オプションの残存期間
    • ベースのアセットのボラティリティ

    なぜアセット自体の代わりにプットオプションを買うべきなのか、という疑問への答えは明確です。アセット自体を購入する場合、価格の下落を利用することができません。プットオプションを利用すると、ベースのアセットの価格が下落した場合に値段が上昇することから、ベースのアセットの下落を有利に利用することが可能です。これに加えて、上記のようなコールオプションと同様の効果も期待することができます。プットオプションの価格は同様の方法で計算され、本質的な価値はオプションの既定の価格からアセットの現在の価格を引いたものになります。コールオプションの場合も逆になることはありません。

    もっとも、レバレッジを使用することにより潜在的な損失のリスクがより大きなものになる点については、十分な注意が必要です。Bitcoin(ビットコイン)の価格が下落すると、コールオプションはBitcoin(ビットコイン)の値下がりよりもはるかに大きな割合で下落します。上の例で言えば、Bitcoin(ビットコイン)の価格が$10000 から $9000 (10%)値下がりした場合、コールオプションは $10.5からほぼ0になる可能性があり、損失ではなくゼロという結果になることがあります。

    BaseFEXはBitcoin(ビットコイン)の先物取引でどのようなサービスを提供していますか?

    BaseFEXはトレーダーを最優先にする唯一の暗号資産デリバティブ取引所です。世界で最も低い手数料、最高のセキュリティ、24時間年中無休のライブサポート、最大100倍のレバレッジを、KYC(顧客熟知義務)なしでご利用いただけます。BTC、ETH、XRP、BCH、LTC、EOS、BNBの先も取引を無期限契約でトレーディングが可能です。

    BaseFEXについての詳細はこちらをご覧ください。

  • ---