コンテンツのガイドラインBaseFEX についてサポート先物取引ガイド無期限契約ガイドBTCUSD 無期限契約明細ETHXBT 無期限契約明細XRPXBT 無期限契約明細BCHXBT 無期限契約明細LTCXBT 無期限契約明細BNBXBT 無期限契約明細BTCUSDT 無期限契約明細ETHUSDT 無期限契約明細EOSUSDT 無期限契約明細ETCUSDT 無期限契約明細DASHUSDT 無期限契約明細ZECUSDT 無期限契約明細手数料取引ガイドマージン - 当初、維持、使用中証拠金マージン - 分離マージンとクロスマージンマージン - リスク制限注文 - 注文設定注文 - 注文タイプ清算 - 概要清算 - 公正価格マーキング清算 - レバレッジ自動解消資金調達損益暗号資産のデリバティブは無期限契約ビットコイン先物イーサリアム先物リップルの無期限契約証拠金(マージン)取引指値注文と逆指値注文BaseFEX vs. Competitors出金について顧客熟知義務(KYC)不要プレス&レビューアフィリエイトプログラムサービス利用規約プライバシーポリシーセキュリティマージン基本用語FAQBlog
  • 資金調達

    資金調達は、8時間ごと (世界協定時の 2:00、10:00、18:00) に行われます。資金を受領するのは、このいずれかの時刻にポジションを保有する場合のみです。この時刻前にポジションを決済した場合は、資金を受領することはありません。

    受領する資金調達額の計算式:

    資金調達額 = ポジション価格 * 資金調達率

    ポジション価額はレバレッジとは無関係です。例えば、100 BTCUSD 契約を保有する場合、資金調達額はこの契約の額面価格で支払い/受領されます。ポジションに課せられる証拠金額を基にすることはありません。

    資金調達率がプラスの場合、ロングポジションの保有者がショートポジションの保有者に支払います。マイナスの場合は、この逆となります。

    資金調達率の計算

    資金調達率は主に 2 つの要素から成ります。1 つは 金利 であり、もう 1 つは プレミアム / ディスカウント です。このレートによって、無期限契約の取引価格と原資産の参考価格との整合性が維持されるため、無期限契約は、契約の買い手と売り手が定期的に金利のやり取りをする証拠金取引市場を追跡するようになります。

    金利

    BaseFEX で取引されるどの契約は基本通貨建値通貨の2 つの通貨から成ります。

    例えば、BTCUSD 契約では、BTC は基本通貨であり、USD は建値通貨です。金利は、この 2 通貨間の金利の関数です。

    金利 (I) = (建値通貨金利指標 - 基本通貨金利指標) / 資金調達間隔
    
    式中:
    
    基本通貨金利指標 = 基本通貨の借入金利
    建値通貨金利指標 = 建値通貨の借入金利
    資金調達間隔 = 3 (資金調達は8時間ごとに行われるため)

    個別の「契約明細」ページに、各金利指標の情報源となる借入市場が明記されています。

    プレミアム/ディスカウント

    無期限契約は、マーク価格に対して大幅なプレミアムまたはディスカウントで取引される場合があります。そのような状況では、プレミアムインデックスを使用して、次回の資金調達率を引き上げ/引き下げて、無期限取引水準と整合する水準へ調整します。各無期限契約のプレミアムインデックスは、特定商品の「契約明細」ページに掲載されています。計算式は以下のとおりです。

    プレムアムインデックス (P) = ( Max( 0 , インパクトビッド価格 - マーク価格) - Max( 0 , マーク価格 - インパクトアスク価格)) / スポット価格 + `マーク価格に使用される公正ベーシス

    トレーダーは公正価格マーキングでインパクトビッド価格とインパクトアスク価格の詳細をご覧いただけます。

    最終資金調達額の計算

    BaseFEX では、プレミアムインデックス (P)金利 (I) を1分ごとに計算してから、分レートのシリーズデータで8時間に時間加重平均価格 (TWAP) を算定しています。

    資金調達は、8 時間金利要素と8時間プレミアム/ディスカウント要素で計算されます。 +/-5% のバッファも計算要素に加わります。

    資金調達率 (F) = プレミアムインデックス (P) + clamp (金利 (I) - プレミアムインデックス (P), 0.05%, -0.05%)

    したがって、(I - P)+/-0.05%の範囲にある場合は、F = P + (I - P) = I となります。つまり、資金調達率は金利と等しくなります。

    計算された資金調達率をトレーダーの BTC ポジション価額に適用すると、資金調達タイムスタンプに受領される資金調達額が確定します。

    資金調達率の上限

    BaseFEX では、レバレッジが最大限活用されるように、資金調達率に上限を設けています。

    1. 絶対資金調達率の上限は当初証拠金 - 維持証拠金の 75% です。当初証拠金が 1% で維持証拠金が 0.5% である場合、最大資金調達率は 75% * (1% - 0.5%)= 0.375%となります。
    2. 各資金調達期間の間では、維持証拠金の 75% を超える資金調達率の変更は認められません。

    資金調達料

    BaseFEX では資金調達料を請求しません。料金はトレーダーの間で直接やり取りされます。

    資金調達料の例

    資金調達率の計算方法は以下で:

    金利 (I) = (建値通貨金利インデックス - 基本通貨金利インデックス) / 資金調達間隔
    プレミアムインデックス (P) = (Max(0, インパクトビッド価格 - マーク価格) - Max(0, マーク価格 - インパクトアスク価格)) / スポット価格
    資金調達料 (F) = プレミアムインデックス (P) + clamp(金利 (I) - プレミアムインデックス (P), 0.05%, -0.05%)

    例えば、資金調達料 (F) は、金利 (I) とプレミアムインデックス の数値の変動に応じて、以下のように変動します。

    金利(I) プレムアムインデックス(P) 資金調達料(F)
    0.03% 0.00% 0.03%
    0.03% 0.06% 0.03%
    0.03% 0.15% 0.10%
    0.03% -0.05% 0.00%
    0.03% -0.10% -0.05%
    0.10% 0.06% 0.10%
    0.10% 0.15% 0.10%
    0.10% -0.05% 0.00%
    0.10% -0.10% -0.05%
    0.20% 0.10% 0.15%
    0.30% 0.10% 0.15%
    0.45% 0.10% 0.15%
  • ---