• マージン - 当初証拠金,維持証拠金,使用中証拠金

    信用取引

    信用取引は空買いとしても知られており、一定比率の担保をもとに金融資産を売買する取引手法を指します

    レバレッジと当初証拠金の概念も信用取引に含まれています。

    このような金融レバレッジを使うことにより、利益を大幅に増やせる可能性があると同時に壊滅的な損失をもたらす可能性もあるため、両刃の剣とも言われています。

    例:

    トレーダーは2ビッドコインを持っており、10倍のレバレッジで信用取引を開始。
    当初証拠金 = 2 BTC
    契約価額 = 当初証拠金 x レバレッジ倍率 = 20 BTC
    当初証拠金率 = 1 / レバレッジ倍率 = 10%

    当初証拠金

    当初証拠金とはレバレッジ取引をする際に必要となる担保金です。

    注文価格に当初証拠金比率を掛けることで当初証拠金を計算することができます。当初証拠金比率はレバレッジ倍率により変化します。仮にレバレッジ100倍、契約金額100ドルの場合、当初証拠金は1ドル(1/100)となります。

    保有ポジションの当初証拠金比率及びレバレッジ倍率の上限を確認するには、 リスク制限表を参照してください。

    例:

    6,000ビッドコイン/米ドル(BTCUSD)を10,000米ドル、レバレッジ25倍で買い約定
    当初証拠金 = 契約数量/ (注文価格 × レバレソジ)
    = 6,000/(10,000×25) 
    = 0.024 BTC 

    維持証拠金

    維持証拠金は取引者が倉庫を保留するために最低保証金の額です。

    倉庫ごとの保証金の金額が保証金のレベルを維持するより低い場合、当倉庫は清算になる。

    例:

    6,000ビッドコイン/米ドル(BTCUSD)を10,000米ドル、レバレッジ25倍で買い約定
    当倉庫の維持証拠金は:
    維持証拠金 = (契約数量 / 注文価格) × 維持証拠金率
    = (6,000/10,000)×0.5% 
    = 0.003 BTC  
    当初証拠金= 契約数量 / (注文価格 × レバレソジ)
    = 6,000/(10,000×25) 
    = 0.024 BTC

    これは、この倉位が最大0.021 BTC(0.024 BTC-0.003 BTC)の未実現損失を受けた後、強制的な清算をすることを意味する。取引者は常に倉庫の保証金の状況にご注意しなければならない。

    使用中証拠金

    使用中証拠金=ポジション証拠金 + 注文証拠金

    ポジション証拠金=ポジション使用中証拠金+ポジションを閉じる際の手数料

    注文証拠金=注文作成時の使用中証拠金+2WAYテイカー手数料(ポジションを取る際と閉じる際の手数料)

  • ---