• 証拠金(マージン)取引とは?

    証拠金取引は第三者の資金を活用してトレードを行う効率的な方法です。通常の取引口座と比べて証拠金取引口座はより大きな資金を扱うことができ、ポジションをさらに活用することができます。証拠金取引は取引で利益を獲得した場合に、その利益を大きくすることが可能です。証拠金取引はこの利益を増大する機能により、特に外国為替市場などのボラティリティの低い市場で人気のトレーディングです。また証拠金取引は暗号資産市場でも使用されます。従来の市場では資金は投資ディーラーから調達していました。しかし暗号資産のトランザクションでは、その多くが他のトレーダーから資金を調達しています。資金を提供するトレーダーは資金需要に応えることで利息を獲得しています。BaseFEXなどの暗号資産交換所はユーザーに証拠金の資金を提供しています。

    証拠金取引の仕組みは?

    証拠金取引を始める際に、注文の合計価格の割合について確認を求められます。この最初の投資は証拠金と呼ばれ、レバレッジの考え方と密接に関連しています。別の言い方をすれば、証拠金取引はレバレッジを用いた取引に使用するもので、レバレッジは証拠金に対する調達する資金の割合を示します。例えば$120,000のポジションを10:1のレバレッジで開く場合、必要な資金は$12,000になります。レバレッジの割合やルールはプラットフォームやトレーディングをする市場により異なります。例えば株式市場では2: 1が通常です。一方先物市場は15: 1で取引されることがよくあります。通常50: 1の割合で証拠金を大きくしますが、 100: 1や200: 1 も珍しくありません。暗号資産の市場では通常2: 1 から 100: 1の割合が使用されており、コミュニティではその割合を"x"の数字で示すことがよくあります(2x、 5x、 10x、 50xなど)。

    証拠金取引はロングやショートポジションを開くために最適です。ロングポジションはそのアセットの価格が上がることを仮定しており、ショートポジションはその逆です。証拠金のポジションを開いている間は、トレーダーの資金が調達した資金の担保になります。ほとんどの取引業者は市場の値動きがポジションに反する場合(特定の基準価格を上回るか下回る場合)に決済する権利を有していることを頭に入れておく必要があります。

    例えばトレーダーがロングのレバレッジポジションを開いた場合、価格が大幅に下がるとマージンコールが発生することがあります。マージンコールは最小限の証拠金を維持する必要がある場合に、証拠金の口座に資金を入金する必要がある場合に発生します。もしトレーダーが追加で入金しなかった場合、損失をカバーするためにアセットは自動的に精算されることになります。これは、決済マージンとも呼ばれる特定の業者や交換所の証拠金口座の合計資産価格が証拠金維持のために必要な金額を下回った場合に発生します。

    メリットとデメリット

    証拠金取引の最も大きなメリットは、トレーディングのポジションを相対的に大きくすることで大きな利益が獲得できる点にあります。また、比較的少ない資金でも複数のポジションを開くことができるため、多様なトレードが可能になります。さらに、多額の資金を口座に送金せずに素早くポジションを開くこともできます。

    こうしたメリットがあるものの、証拠金取引は利益を拡大するのと全く同じように、損失もまた大きくなるというデメリットがあります。通常のキャッシュでの取引と異なり、元の投資額よりも損失が大きくなる可能性があることから、証拠金取引はハイリスクのトレーディング手法とされています。取引で使用するレバレッジの量によっては、市場のわずかな値動きが非常に大きな損失を招くこともあります。こうした理由から証拠金取引を行う場合はリスク管理戦略を用いることが不可欠です。

    証拠金取引は通常のトレーディングに比べて高いリスクがありますが、暗号資産のトレーディングはリスクがさらに高くなります。この市場では高いボラティリティが特徴であり、暗号資産の証拠金取引には注意が必要です。リスクヘッジやリスク管理戦略は損失を防ぐために有効であることは間違いありませんが、証拠金取引が初心者向けではないことは確かです。

    チャートの分析や、トレンドを見極めることや、エントリーとイグジットの時期を見定めることができるようになることは、証拠金のリスクをゼロにすることはできないものの、リスクを予測して効果的に軽減することに役立ちます。そのため、暗号資産の取引を始める前にテクニカル分析の理解を深めるとともにスポット取引で経験を積むことが良いでしょう。

    証拠金の資金調達(マージンファンディング)

    証拠金取引のリスクを自分で回避できない投資家向けに、レバレッジを使用したトレーディング手法が別にあります。ある暗号資産の取引所では証拠金資金調達(マージンファンディング)と呼ばれる機能を用意しています。これはあるユーザーが別のユーザーに証拠金を提供するものです。

    この方法は特別な条件とダイナミックな利率を伴うことが通常です。利用規約を承諾してオファーを受けると、資金を提供する側は元本と合意した割合の利息を受け取ることになります。取引所ごとに仕組みは異なるものの、レバレッジを使用したポジションは損失がそれほど大きくなる前に決済できることから、リスクは比較的低くくなります。にも関わらず、証拠金資金調達では、外国為替のポートフォリオに資金を用意することが求められます。こうしたことから、内在するリスクを考慮にいれるとともに、このメカニズムがどのように働くのかを理解しておくことが非常に重要です。

    クロージングマーク

    証拠金取引は取引の利益を大きくしたいトレーダーにはとても便利な機能であることは間違いありません。正しく使用すれば、レバレッジを使用した取引により、利益とポートフォリオを多様化することが可能になります。

    前述のように、このトレーディング手法は損失が大きくなり、はるかに高いリスクを伴います。したがって十分経験を積んだトレーダーの方だけが使用するべきでしょう。暗号資産に関しては高いボラティリティの市場であるため、証拠金取引はさらに注意を払う必要があります。

    BaseFEXはトレーダーを最優先にする証拠金取引所です。世界で最も低い手数料、最高のセキュリティ、24時間年中無休のライブサポート、最大100倍のレバレッジを、KYC(顧客熟知義務)なしでご利用いただけます。BTC、ETH、XRP、BCH、LTC、EOS、BNBの先も取引を無期限契約でトレーディングが可能です。

    BaseFEXについての詳細はこちらをご覧ください。

  • ---